大学院留学サポートのジャパン ランゲージ ソリューションズ  
ジャパン ランゲージ ソリューションズ ホーム www.japanlanguagesolutions.com
お問い合わせ、ご連絡先 maiko@japanlanguagesolutions.com 
 

◆アメリカ大学院留学へのロードマップ◆2009年11月号



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   
  アメリカ大学院留学へのロードマップ-tips & resources
              #24 - 2009. 11. 1.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、大学院留学のジャパンランゲージソリューションズ
http://www.japanlanguagesolutions.com 畑 麻衣子です。
こちらオレゴンは燃えるような紅葉が美しく、気持ちの良い日が続いています。
皆さん、どちらで紅葉をご覧になっていらっしゃるでしょうか。
大学院留学の夢をかなえた皆様、留学先の生活はいかがでしょうか?
また2010年度の留学を考えていらっしゃる皆様、学校は決定されましたか?

アメリカ大学院留学のメルマガ今月号では、米国で人気の専攻をピックアップ。
また、留学生に人気の専攻も紹介。比較してみました。
今でも「MBAさえとれば・・・」という風潮は強いのでしょうか?
最近の日本からの留学生は、何を目指しているのでしょうか。

また留学Tip of the Monthでは、推薦状について。
誰に頼むのか、どういった内容かなどの基本を見てみましょう。

編集後記では、「将来はこういう道に進みたい」という漠然とした
アイディアをお持ちの方のために、「Perfect careerを見つける」という
オンラインの心理テストを紹介。気分転換にいかがですか?

ご質問やお問い合わせは maiko@japanlanguagesolutions.com 、
またはwww.japanlanguagesolutions.comの「お問い合わせフォーム」より
お気軽にご連絡ください!

それでは今号もどうぞよろしくお願いいたします。

ジャパン ランゲージ ソリューションズ(JLS) 畑 麻衣子

-----------------------------------------------------------------
  ■ 構成
-----------------------------------------------------------------

  1. 大学院留学ニュース
  アメリカの大学院で話題になっているニュースを紹介します。     

  2.留学準備Tip of the Month
     Tipを順に追っていくことで、大学院留学の基礎知識や準備方法、
  またライティングのコツなどが身につくよう、紹介していきます。

  3. 編集後記
     オレゴンから、大学院留学に関連した楽しい話題などをお届けします。

-----------------------------------------------------------------
  ■ 1. 大学院留学ニュース
-----------------------------------------------------------------

◆ 米国における大学院 ― 専攻人数 ◆

日本における大学院での修士号獲得者(2005年度)、約7万1千人。
博士課程では1万5千人。
比べて、アメリカでは2006~2007年度には修士号だけで60.5万人、
博士号だけでも6万人が修了しています。全くの桁違いですね。
お金がなくても学資ローンを借りて、景気が悪いからこそ
教育を受けて専門性を高める。それがアメリカの大学院だからでしょうか。

さて、以下は米国における大学院の専攻別人数(修士&博士)です。
データは2006~2007年のもの。留学生だけでなく、学生全員を対象としています。

1)教育     176,572人
2)ビジネス   150,211人
3)医療     54,531人
4)工学     32,162人
5)行政、ソーシャルサービス  31,131人
6)心理学 21,037人
7)コンピュータ 17,665人
8)視覚・舞台芸術  13,767 人
9)自然・生命科学 8,747人
10)英語・英文学 8,742人

ちなみに日本でのトップ3(2009年度)は、
修士で「工学(39.8%)」、「社会科学(11.2%)」、「理学(8.2%)」。
博士では「医・歯学(26.8%)」、「工学(18.5%)」、「人文科学
(9.9%)」でした。

参考:http://nces.ed.gov/programs/coe/2009/pdf/41_2009.pdf 
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/05122201/002/002/002.htm  
http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2009/08/06/1282645_2.pdf 

◆ 米国における大学院 ― 専攻別 ◆

こちらは大学、大学院に通う留学生に人気の専攻です。
上記と比べると、米国全体で見るとトップの「教育」が入っていません。
これは、米国では教育に携わる方々の多くが修士を持つべきだと
される一方、日本などから留学して米国で修士を獲得しても
母国では教員免許をとる必要があるからだと考えられます。

またビジネス業界では一昔前のように「とりあえずMBA」という風潮も
落ち着き、今は自分のフィールドに活かすことのできる
マーケティングやフィールドに特化したMBAを目指す方が増えています。
先日もワインにずっと携わってきた方が、業界に特化したMBAを目指す
お手伝いをしたばかりです。

また工学や社会科学系では、日本ではあまり研究されておらず、
ヨーロッパのこの大学院でしか勉強できない!と言うように
「留学したい」目的ではなく、「ここでしかできない」必然性から
選ばれる方も増えていることをお客様の声からも実感しています。

1)ビジネス 17.9%
2)工学 15.7%
3)自然・生命科学 8.9%
4)社会科学 8.2%
5)数学、コンピュータ 8.1%

参考:http://opendoors.iienetwork.org/?p=89189 

-----------------------------------------------------------------
  ■ 2. 大学院留学Tip of the Month
-----------------------------------------------------------------

◆ 推薦状の基礎知識 - 誰に頼む? ◆

大学院留学の準備でまずはじめるのは、学校と専攻の選択です。
これが決まれば、次に取り掛かりたいのが、推薦状です。

自分で準備がはじめられるエッセイや書類と違い、
推薦状はお世話になった上司や教授に頼むもの。
そのため、時間的余裕をたっぷり目に見てお願いするのが大切です。

基本的に、以下の方に頼みます。
1) 出願者をよく知る
2) 出願者を好意的に思っている(言うまでもないですが、重要です!)
3) 肩書きがある程度わかりやすく、しっかりしていらっしゃる

推薦状は出願書類でも重要な、第三者から見た出願者の評価です。
エッセイと違い、出願者の英語を判断する道具ではないため、
英語がパーフェクトでなくてもかまいません。
ただし、フォーマットが正しいか、英語で失礼がないか等は
ネイティブに必ずチェックしてもらうようにしましょう。

-----------------------------------------------------------------
  ■ 3. 編集後記
-----------------------------------------------------------------

■心理テスト■

さてさて、留学準備や新たに始まった留学生活で疲れた頭に最適な、
軽い心理テストを紹介します。

こちらのサイトでは4つの質問に答えるだけで、お勧めの仕事を
提案してくれます。ちなみに私はINFP、お勧めの仕事には
カウンセラーや教授、翻訳者などがあり、あたっていて感心しました。
英語が長くてとっつきにくいかもしれませんが、面白いのでぜひどうぞ!

http://resources.monster.com/tools/quizzes/perfectcareer/ 

■そして・・・■

そしてそして、留学生活が始まった皆様、お元気ですか?
留学生活についてご一報いただけるととても励みになります。
「元気です」だけでも大歓迎なので、メールください!
「こんなことがあったよ」、「授業でびっくりしたよ」等も
楽しみにお待ちしております!

そして「大学院留学したいけど、何から始めたらよいのか・・・」と
お悩みであれば、ぜひお気軽にご連絡くださいませ!
ご相談はもちろん無料、ご相談だけでも大歓迎です。
こちらも楽しみにお待ちしております。

こちらオレゴンはすっかり寒くなってしまいました。
皆様も風邪やインフルエンザなどにかかられませんよう、
お気をつけくださいませ!

JLS 畑 麻衣子 maiko@japanlanguagesolutions.com   


■■■大学院留学サポート■■■
エッセイ添削や推薦状作成・添削、願書確認や学校推薦等大学院留学をお手伝いするJLS。
元大学講師の日本人(TESOL留学、GPA3.76)と、アメリカの大学院で選考委員も務める
アメリカ人(応用言語学博士課程在籍)が、留学生サポートやライティングのヘルプ経験を
活かして丁寧に、納得のいくサービスを提供しております。くわしくは
www.japanlanguagesolutions.com、もしくはメールmaiko@japanlanguagesolutions.comまで
お気軽にどうぞ!
■■■■■■■■■■■■■■■
-----------------------------------------------------------------

  ◇最後までありがとうございました!◇
 
    発行責任者:ジャパン ランゲージ ソリューションズ 代表 畑 麻衣子
    発行者サイト: http://www.japanlanguagesolutions.com 
    メールアドレス:maiko@japanlanguagesolutions.com 
    ご意見・ご感想などお寄せいただけると嬉しいです、お待ちしてます!
    登録・解除はhttp://www.mag2.com/ マガジンID: 0000235822
(JLSから直接購読されている方はmaiko@japanlanguagesolutions.comに
   ご連絡ください。)
    お知り合いの方にもどうぞこのメルマガをご転送ください。   

-----------------------------------------------------------------

◎アメリカ大学院留学へのロードマップ-Tips & Resources
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ <http://blog.mag2.com/m/log/0000235822/>
-----------------------------------------------------------------
Disclaimer:このメールマガジンによって第三者が受けた、いかなる損害につ
いても、Japan Language Solutionsは責任を負うものではあり
ません。内容を発行人の許可なく 転載、転用等することはご遠慮ください。