大学院留学サポートのジャパン ランゲージ ソリューションズ  
ジャパン ランゲージ ソリューションズ ホーム www.japanlanguagesolutions.com
お問い合わせ、ご連絡先 maiko@japanlanguagesolutions.com 
 

◆アメリカ大学院留学へのロードマップ◆2008年9月1日号


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◆アメリカ大学院留学へのロードマップ-tips & resources◆ 
              #19 2008.12.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、大学院留学のジャパンランゲージソリューションズ
http://www.japanlanguagesolutions.com 畑 麻衣子です。
オレゴンもすっかり寒くなりましたが、皆様お元気でしょうか?
こちらは雨季に入り、毎日グレーな日が続きます…

さて、今月号では1月に変更が予定されているアメリカ入国の手続きについて、
またアメリカで急増中の留学生の出身国等についてもレポートしました。
この「電子渡航認証システム」とはどのようなモノで、誰が必要になるのでしょうか?
また、留学生を多数送り込み始めた国は、いったいどこなのでしょうか?

そして、今月はMBAと並んで人気のLL.M.留学のお手伝いをしたこともあり、
LL.M.留学(法学修士)について新たに勉強することも多くありました。
この際学んだ特徴や出願準備に必要な書類等を検討します。

ご質問・コメント等はmaiko@japanlanguagesolutions.com、または
www.japanlanguagesolutions.comの「お問い合わせフォーム」よりお気軽にどうぞ!

それでは今号もよろしくお願いいたします。

ジャパン ランゲージ ソリューションズ(JLS) 畑 麻衣子

-----------------------------------------------------------------
  ■ 構成
-----------------------------------------------------------------

  1. 大学院留学ニュース
     役立つtipやアメリカの大学院で話題になっているニュースを紹介していきます。リクエストも大歓迎です。

  2. アメリカの大学院・専攻紹介
     1700以上あるアメリカの大学院の特徴や地域、留学生に人気の専攻などを
紹介します。

  3. 編集後記

-----------------------------------------------------------------
  ■ 1. 大学院留学ニュース
-----------------------------------------------------------------

◆ 大学院留学ニュース(1)電子渡航認証システムって? ◆

学生ビザを取っての留学(大学や大学院での正規入学)には必要ではありませんが、
アメリカにちょっと遊びに、または下見に旅行する際には1月12日より、
「電子渡航認証システム」に登録する必要があります。
オンラインですぐに入手可能で無料ですが、今までは必要なかったものなので、
混乱も予想されます。

ご旅行を予定されている方は、こちらのアメリカ大使館サイトを
参考にして、準備はお早めにどうぞ!

参考リンク:
http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html 


◆ 大学院留学ニュース(2)アメリカで留学生急増中! ◆

アメリカの大学・大学院での留学生が昨年比でなんと7%も急増、
総計62万人を超えたことが発表されました。

特に急増しているのが、サウジアラビア等の中東出身の留学生。
キャンパスでヘッドスカーフをかぶった留学生を見ることも珍しい
ことではなくなりました。2005年に始まったサウジアラビア政府による
留学プログラムのおかげで、留学生数9位に仲間入り。
他に急増したのがネパール出身者で、総数トップ11位にランクイン。

アジア出身者は依然多く、全留学生の61%を占めています。
インド、中国、韓国は多くの学生を送り続けていますが、
日本は3年連続で総数が4%減り、3.3万人に。不景気の影響でしょうか。

留学生がアメリカに及ぼす経済効果は、なんと150億ドル。
(学費、生活費等)。アメリカの大学にとって欠かせない存在です。

アメリカに留学して、アメリカの文化を知るだけが留学ではなく、
これからはアメリカで、アジアや普段知ることのない
中東の文化や人々を知ることができるのです。

将来のビジネスやネットワークにも最適なアメリカ留学。
80年代のような「America is number 1」的な視野も、オバマ大統領と共に
変わっていくことと思われます。世界中から学生を集めるアメリカで、
学業はもちろん、世界的な視野を身につけてはいかがですか?

参考リンク:
  http://opendoors.iienetwork.org/?p=131590 

-----------------------------------------------------------------
  ■ 2. 大学院・専攻紹介 
-----------------------------------------------------------------

◆ LL.M.という選択肢 ◆

アメリカで弁護士として活躍するには、長い時間がかかります。
(4年制大学を卒業し、Law schoolで最低3年勉強、その後ようやく
Bar examと呼ばれる弁護士テスト受験の資格が与えられ、ネイティブですら
苦しむそのテストに合格して、初めて弁護士になれるのです)。

日本で弁護士資格を持つ方、または法律関係のお仕事をしている方には、
このプロセスはいくらなんでも時間も労力も多大、と言えます。
そこに登場するのが、LL.M.(Master of Law、法学修士号)。
ビジネスにおけるMBAのような存在ともいえるこのLL.M.留学では、
1年フルタイムでアメリカの法律の基本などを勉強できるコースで、
留学生も多く受講するため、国際色も大変豊か。
1年で留学を終えられることもあり、MBAと共に根強い人気を誇ります。

今月お手伝いしたLL.M.留学志望のお客様。
弁護士ではいらっしゃいませんが、超一流銀行等で社内弁護士と
一緒に働かれた素晴らしい経歴の持ち主です。
弁護士としてこれから活躍するのが目的ではなく、
卒業後はより経済の発展に貢献したい、という目的をお持ちです。

LL.M.では専門的な分野を研究することも可能です。
1年という限られた時間を有効に使って、法学の勉強をしたい方には
ぜひお勧めしたい選択肢です。

参考リンク:
What is an LLM?
http://www.llm-guide.com/what-is-an-llm 

-----------------------------------------------------------------
  ■ 4. 編集後記
-----------------------------------------------------------------

留学生が急増中のアメリカ。地元のオレゴン大学でも世界中のあちこちから来た
学生達が毎日を過ごしています。私が十数年前に大学院留学した際にシェアして
住んでいた家も、アメリカ人2人、台湾人、フランス人、ドイツ人、
クロアチア人、イタリア人、そして私日本人と大変国際色豊かなものでした。
一緒に住んだ友達とは今でも連絡をとっており、結婚式に呼んだり呼ばれたりも。
留学していちばん良かったことは、こういった人々に会え、友達になれたことだと
今でも強く思います。もちろんアメリカで最先端の教育学やビジネス等の
知識を学ぶことも大切なのですが、毎日一緒に過ごした仲間から学んだことは
大学院での授業を越えるのではないかと思うくらい。
(ちなみに今は皆、世界有数の企業や国連裁判所に勤めたり、中国で起業したり。
ネットワークという意味でもかなり面白いです。)

皆さんにも、こうした経験のためにもぜひ、大学院留学をお勧めします!

さて、12月ということもあり、現在JLSのウェブサイトにはたくさんの
お申し込みやお問い合わせを頂戴しています。
少人数限定でのお手伝いで高品質をキープしているため、
一度に多くのお客様のお手伝いはしておりません。
大学院留学に関するお問い合わせ等は、お早めにどうぞ~!
詳しくはホームページhttp://www.japanlanguagesolutions.comをご覧下さいませ。
また過去のメルマガもかなりの数になってきています。こちらもホームページよりどうぞ。

それでは皆様、寒い毎日ですが、お体ご自愛くださいませ…

JLS 畑 麻衣子 maiko@japanlanguagesolutions.com   


■■■大学院留学サポート■■■
エッセイ添削や推薦状作成・添削、願書確認や学校推薦等大学院留学をお手伝いするJLS。
元大学講師の日本人(TESOL留学、GPA3.76)と、アメリカの大学院で選考委員も務める
アメリカ人(応用言語学博士課程在籍)が、留学生サポートやライティングのヘルプ経験を
活かして丁寧に、納得のいくサービスを提供しております。くわしくは
www.japanlanguagesolutions.com、もしくはメールmaiko@japanlanguagesolutions.comまで
お気軽にどうぞ♪
■■■■■■■■■■■■■■■
-----------------------------------------------------------------

  ◇最後までありがとうございました!◇
 
    発行責任者:ジャパン ランゲージ ソリューションズ 代表 畑 麻衣子
    発行者サイト: http://www.japanlanguagesolutions.com 
    メールアドレス:maiko@japanlanguagesolutions.com 
    ご意見・ご感想などお寄せいただけると嬉しいです、お待ちしてます!
    登録・解除はhttp://www.mag2.com/ マガジンID: 0000235822
(JLSから直接購読されている方はmaiko@japanlanguagesolutions.comに
   ご連絡ください。)
    お知り合いの方にもどうぞこのメルマガをご転送ください。   

-----------------------------------------------------------------

◎アメリカ大学院留学へのロードマップ-Tips & Resources
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ <http://blog.mag2.com/m/log/0000235822/>
-----------------------------------------------------------------
Disclaimer:このメールマガジンによって第三者が受けた、いかなる損害につ
いても、Japan Language Solutionsは責任を負うものではあり
ません。内容を発行人の許可なく 転載、転用等することはご遠慮ください。