大学院留学サポートのジャパン ランゲージ ソリューションズ (JLS)
ジャパン ランゲージ ソリューションズ ホームはこちらからどうぞ

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ◆アメリカ大学院留学へのロードマップ-tips & resources◆ 

                                     #16  2008.8.1.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-----------------------------------------------------------------

  ■ このメルマガのコンセプト

-----------------------------------------------------------------

 

暑いですね、お元気ですか?大学院留学のジャパンランゲージソリューションズ

<http://www.japanlanguagesolutions.com>代表の畑 麻衣子です。

オレゴンは夏まっさかり、ついこの前まで「早く夏になって」と思っていたのが

懐かしく感じられます。

 

私の大学時代の親友が、英国の大学院に留学することになりました。

本当に嬉しいです。そして、個人的にお手伝いはしていないものの、
やはりとっても気になります。

 

私達はもう30代半ば。当社でもお申し込みいただく方のほとんどが30代。

日本で大学を出て就職し、キャリアを積んできたけれど、大学を出て

10年も経つと、何か物足りなくなるのでしょうか。ということで、

今月は「アメリカの大学院での年齢・出身国構成」を紹介します。

 

また、大学院留学事前に学校見学が可能な、オンラインのキャンパスツアー

サイトも2つ紹介。

 

また、今月号からは「大学院留学ニュース」により力を入れるため、

大学院専攻紹介と大学院紹介を1項目にまとめました。

その大学院紹介ではU.S.News2008年度大学院ランキングトップ10を紹介。

やっぱり、の超エリート校が並びます。

 

編集後記では、ジャパン ランゲージ ソリューションズに新しくアップした

大学院留学リンク集の紹介も。

 

それでは今月もどうぞよろしくお付き合い願います!

 

                                    ジャパン ランゲージ ソリューションズ(JLS) 畑 麻衣子

 

-----------------------------------------------------------------

  ■ 構成

-----------------------------------------------------------------

 

  1. 大学院留学ニュース

     大学院留学の基礎知識がつくよう、役立つtipやアメリカの大学院で

     話題になっているニュースを紹介していきます。リクエストも大歓迎です。

 

  2. アメリカの大学院・専攻紹介

     1700以上あるアメリカの大学院の特徴や地域、留学生に人気の専攻などを

                        紹介します。

 

  3. 編集後記

 

-----------------------------------------------------------------

  ■ 1. 大学院留学ニュース

-----------------------------------------------------------------

 

(1) 30代での留学

 

            留学資金をためるのに時間がかかった。今の仕事でもっとステップ

            アップしたい。仕事を変えるために思い切って。

 

            30代以降の留学は、どんな理由にしても、「思い切り」が必要に

            なります。でも実際のところ、留学先でのクラスメートは

            いくつくらい、そして留学生たちはどこから来ているのでしょうか。       

 

            ご存知のようにアメリカの大学院に通う学生たちの年齢はバラバラ。

            たとえばUniversity of Californiaの一校である、UC Santa Cruz

            過去~2005年までの大学院生の平均年齢は、20代後半から

            30代前半を行ったりきたりしていますが、40代・50代の学生が

            毎年必ずいるというのも、日本との大きな違いです。

 

            また国際理解に重点を置くことでも知られるアリゾナ州Thunderbird

            MBAなどでは実務経験を重視するため、学生8割が25歳~35歳。

 

            こちらの大学院は大学を出てすぐ行くよりも、ある程度キャリアを

            積んでから、もっと知りたい、もっとよくなりたい、という要求に

            答えるため、という意味合いが大きいのです。

 

            そして米国に留学生を送り出す国トップ10は、インド、中国、韓国に

            引続いて日本(留学生全体の6.9%)、カナダ、台湾、メキシコ、トルコ、

            ドイツ、タイとアジアの国が多くを占めています。

 

            クラスメートに「おばあちゃん」院生がいるのも、そしてルームメートが

            アジア出身の留学生、ということもしょっちゅう見られるアメリカでの

            大学院留学。

           

            若い学生が多い学部と違って、30代だからこそ、職歴があるからこそ、

            そしてアメリカとは違う文化からやってきたからこそ、クラスでの発言や

            貢献がありがたい、と思われることも多いのです。

 

            30代での大学院留学を考えている方は、思い切って踏み出されては

            いかがでしょうか。

 

(2) オンラインでの大学・大学院キャンパスツアー

 

            ★使いやすく,取り扱っている大学も多いhttp://www.campustours.com/

 

            ためしに出身校Monterey Institute of International Studies

            (www. miis.edu)を検索したところ出ませんでしたが(小さい学校なんです)

            色々とお世話になっている地元オレゴン大学を検索したところ

            写真等がたくさん載っており、わかりやすく紹介されていました。

 

            また同サイト内アドバンスサーチ

            http://www.ecampustours.com/collegesearch/advancedcollegesearch.htm 

            を使えば、州や専攻したい科目からも学校がサーチ可能です。

            (登録している学校のみの結果なので、これだけを頼りに

            学校を決めることはしないでくださいね)

 

    http://www.campustours.com/

私の出身校が出てこなかった上になんとオレゴン大学も検索結果に出ず。

 

            いろいろと大学をチェックして、出願の参考にしてみては?

 

-----------------------------------------------------------------

  ■ 2. 大学院・専攻紹介 

-----------------------------------------------------------------

 

 U.S.News 2008年ロースクールランキング トップ10

           

            アメリカの    Law school top 10を紹介。以前のメルマガ

            http://www.japanlanguagesolutions.com/mag/mag0707.htm

            でも指摘しましたが、このランキングは賛否両論。

            参考にしよっかな、程度でどうぞ。またフルリスト(100位までと

            その他の学校)や教育、工学、ビジネスなどのカテゴリーでの

            ランキングはJLSのリンク集からアクセス可能です。

            (http://www.japanlanguagesolutions.com/consulting/links_J.htm)

 

            またこのランキングに入っていない大学にもよいプログラムは

            本当に多数。自分のフィールドで人気のある大学やコースを

            地道に探してみましょう(「自分のフィールドで強い学校の

            調べ方」はメルマガでもまた取り上げる予定です、お楽しみに)

 

            1. Yale University

            2. Harvard University

            2. Colombia University

            4. New York University

            5. University of CaliforniaBerkeley

            6. University of Chicago

            7. University of Pennsylvania

            7. Northwestern University

            9. University of MichiganAnn Arbor

            9. University of Virginia

 

-----------------------------------------------------------------

  ■ 4. 編集後記

-----------------------------------------------------------------

 

最後までお付き合い、ありがとうございました、いかがでしたでしょうか?

 

メルマガ冒頭でもお知らせしたように、JLSのウェブサイトに新しくリンク集が

仲間入りしました。大学院留学のために必要なテストとビザの情報、便利な
オンライン辞書とアメリカの大学院ランキング等を集め、留学までの時間を
使って独学できる自習用サイトもリストアップ。アドレスは
http://www.japanlanguagesolutions.com/consulting/links_J.htm 
になります。他に「こんなリンクが知りたい!」というのがありましたら、
お気軽にmaiko@japanlanguagesolutions.comまでメールください。

先日は弁護士資格を持つ方に引続き、お医者様の大学院留学をサポートさせて
いただきました。身に余る光栄です。皆様の大学院留学がうまく行きますよう
応援しております。

 

それではまた来月お会いしましょう~。

 

JLS代表 畑 麻衣子 maiko@japanlanguagesolutions.com   

 

 

■■■大学院留学サポート■■■

エッセー添削や推薦状作成・添削、願書確認等大学院留学をお手伝いするJLS

元大学講師の日本人(TESOL留学、GPA3.76)と、アメリカの大学院で選考委員も務める

アメリカ人(応用言語学博士課程在籍)が、留学生サポートやライティングのヘルプ経験を

活かして丁寧に、納得のいくサービスを提供しております。くわしくは

www.japanlanguagesolutions.comもしくはメールmaiko@japanlanguagesolutions.comまで

お気軽にどうぞ♪

■■■■■■■■■■■■■■■

-----------------------------------------------------------------

 

  ◇お忙しいところ最後までありがとうございました!◇

 

    発行責任者:ジャパン ランゲージ ソリューションズ 代表 畑 麻衣子

    発行者サイト: http://www.japanlanguagesolutions.com 

    メールアドレス:maiko@japanlanguagesolutions.com 

    ご意見・ご感想などお寄せいただけると嬉しいです、お待ちしてます!

    登録・解除はhttp://www.mag2.com/ マガジンID: 0000235822

      JLSから直接購読されている方はmaiko@japanlanguagesolutions.com

   ご連絡ください。)

    お知り合いの方にもどうぞこのメルマガをご転送ください。   

 

-----------------------------------------------------------------

 

◎アメリカ大学院留学へのロードマップ-Tips & Resources

  のバックナンバー・配信停止はこちら

<http://blog.mag2.com/m/log/0000235822/>

-----------------------------------------------------------------

Disclaimer:このメールマガジンによって第三者が受けた、いかなる損害につ

いても、Japan Language Solutionsは責任を負うものではあり

ません。内容を発行人の許可なく 転載、転用等することはご遠慮ください。