ジャパン ランゲージ ソリューションズの大学院留学メールマガジン

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ◆アメリカ大学院留学へのロードマップ-tips & resources◆ 

                                     #11  2008.3.1.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-----------------------------------------------------------------

  ■ このメルマガのコンセプト

-----------------------------------------------------------------

 

みなさんお元気ですか?大学院留学のジャパンランゲージソリューションズ

<http://www.japanlanguagesolutions.com>代表の畑 麻衣子です。

大学院留学の準備は着々と進められているでしょうか?

留学に何を持っていくのか、何を買うのかも全くわからずおろおろしていらっしゃる

方、心配されないでください。行くのはアメリカ、なんでも買えます。

私は10年前に身をもってそれを学びました。。。(持って行き過ぎたかも。。。
Int
l Student Officeに荷物を送っていいよ、と言われたので張り切って
送ったんですが、あまり役に立たない本((ちなみにTesol((英語教授法、私の
専攻です))日本語辞典、のような本はあまり必要ではありませんでした、

授業で日本語で考える余裕はとてもありませんでした。)

 

さて、いつものようにご意見・ご要望など、フィードバックは
maiko@japanlanguagesolutions.com でお待ちしております。
メルマガをはじめて約1年ですが、まだ一回もコメント等頂いたことがございません。

この記録をぜひ破ってあげる!という優しいコメントをお待ちしております(笑)

 

-----------------------------------------------------------------

  ■ 構成

-----------------------------------------------------------------

 

  1. 留学準備Tip of the Month

     Tipを順に追っていくことで、大学院留学の基礎知識がつくよう

     紹介していきます。リクエストも大歓迎です。

 

  2. アメリカの大学院紹介

     1700以上あるアメリカの大学院の中からひとつ、特徴や地域、

     専攻などを紹介します。

 

  3. 専攻紹介

     人気の高い専攻を、履修科目や就職まで含めて紹介します。

 

  4. 編集後記

 

-----------------------------------------------------------------

  ■ 1. 留学準備Tip of the Month

-----------------------------------------------------------------

 

◆ 合格後の手続きで必要なステップ ◆

 

先月号では願書を提出してからの、合格後の手続きを簡単に見てみました。

今月号ではその中でもわかりにくいとされる、ビザの取得法です。

ビザ取得は大変なことではありません。順序を守ってきちっと全て

準備すれば、通常問題が起こることはありませんので、心配せず
大使館ウェブサイト(下記にリンクを載せました)をよく読んで、

抜けた点のないよう確認して臨みましょう。ビザ申請代行のサービス
なども見かけますが、ご自分で全く問題なくできることばかりです。
サービスの必要はありません。

 

さて、基本中の基本ですが、ビザとは何でしょうか?ビザ(査証)は入国
許可書の一部で、アメリカの大学で勉強するためには学生ビザを取る必要が

あります。大学や大学院等で学ぶ皆さんの場合にはF-1というタイプの

ビザを申請します。これには主なアイテムだけでも、以下が必要となります。

(注意!!これだけではありませんので、面接の前には必ず大使館のサイトを
参照されてください)


■■■必要なアイテム■■■

1) I-20(アイ・トゥエンティと読みます)というフォームが発給できる

  アメリカ政府認可の機関でフルタイムの学生として受け入れ済み。

  (I-20は合格通知と共に、もしくは合格通知を受け取り後、志願者が

  通学する意思を伝えてから送られてきます。学校の担当者による

  サインが必要です。)

2) 諸費用-ビザ申請費用(米国大使館サイトよりオンラインで

  支払い可能です)と、SEVIS(学生・交流訪問者情報システム)$100

  (こちらもインターネットでお支払い可能です)

3) パスポート(早めにとっておきましょう)

4) ビザ申請書 (大使館サイトよりダウンロード可能、下記参照)
5) カラー写真(サイズ等は下記サイトよりご確認ください)

6) 「非移民ビザ補足申請書」1645歳の男性のみ
7) 成績証明書

8) 返信用エクスパック500(コンビニで購入可能)

9) 財務証明書(ご自身や保護者の方の銀行の残高証明書を英語で

  作成してもらったものを通常使用します)

 

■■■大使館リンク■■■

 

http://tokyo.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-niv-walkin1.html

  (各種書類ダウンロードや手続きの進め方)

http://tokyo.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-niv-fmfaq.html
  (学生ビザに関してよくある質問)


■■■注意する点■■■

★面接は短時間で終わる簡単なものですが、やはりきっちりとした
服装・態度・言葉遣い・真摯な態度で臨みましょう。
★面接の待ち時間が長いこともあります。また安全上の理由から
飲み物も持って入れません(開いていないボトルならいいこともある
ようです)。緊張と割と疲れるプロセスになるので、そのつもりで
準備されてください。
★学生ビザ、とはその名の通り、学生に出すもの。このビザで卒業後も
アメリカに滞在できる、というわけではありません。
卒業後は帰国するのが約束です。本当はアメリカに住んで見たい!などと
思っていても、それは面接の際にはくれぐれも言わないでくださいね。
マイナスポイントになり、ビザが下りない可能性もあります。
★プログラム開始30日前にはアメリカには学生ビザではまだ
入国できませんので、ゆっくり渡米しましょう。

以上、基本の基本だけをまとめたのですが、長くなってしまいました。
他にもしご質問や、また「私の面接ではこんなことを聞かれた!こんな
感じだった!」等後輩達のために教えてあげてもいいよ、という方が
いらっしゃいましたら、ぜひmaiko@japanlanguagesolutions.comまで
メールでご一報くださいませ!

 

 

-----------------------------------------------------------------

  ■ 2. 大学院紹介 

-----------------------------------------------------------------

 

大変申し訳ありませんが、今回はお休みさせていただきます。

 

-----------------------------------------------------------------

  ■ 3. 専攻紹介

-----------------------------------------------------------------

 

大変申し訳ありませんが、今回はお休みさせていただきます。

 

-----------------------------------------------------------------

  ■ 4. 編集後記

-----------------------------------------------------------------

 

日本はもうそろそろ春模様でしょうか?こちらはまだまだ冬の空。

でも晴れる日もでてきました。こちらオレゴンでも花粉症がひどい方が

多いようです。アウトドア好きなオレゴニアンたちはアレルギーも気にせず

外に出て行くようです。冬が長い分、待ちきれないのです。。。

(長かったです!今年はあまり寒くはなかったようですが)

 

それでは皆様も、季節の変わり目にお体の調子など崩されませんように!
ご質問・ご要望等もいつでも大歓迎ですので、お気軽にご連絡くださいませ。

JLS代表 畑 麻衣子 maiko@japanlanguagesolutions.com 

 

■■■大学院留学サポート■■■

エッセー添削や推薦状作成・添削、願書確認等大学院留学をお手伝いするJLS
小さな会社ですが、誠実さとクオリティの高さでは誰にも負けません!元大学講師たちが
留学生サポートやライティングのヘルプの経験を活かして丁寧に、納得のいくサービスを
提供しております。現在、願書の最終チェックだけのサポートや、駆け込み推薦状作成、

エッセー添削も可能です。くわしくはwww.japanlanguagesolutions.com

<http://www.japanlanguagesolutions.com>でご覧ください。

■■■■■■■■■■■■■■■s

-----------------------------------------------------------------

 

  ◇お忙しいところ最後までありがとうございました!◇

 

    発行責任者:ジャパン ランゲージ ソリューションズ代表 畑 麻衣子

    発行者サイト: http://www.japanlanguagesolutions.com

    メールアドレス:maiko@japanlanguagesolutions.com

    ご意見・ご感想などお寄せいただけると嬉しいです、お待ちしてます

    登録・解除はhttp://www.mag2.com/ マガジンID: 0000235822

      JLSから直接購読されている方はmaiko@japanlanguagesolutions.com

   ご連絡ください。)

    お知り合いの方にこのメルマガをお勧めいただければ幸いです。   

 

-----------------------------------------------------------------

 

◎アメリカ大学院留学へのロードマップ-Tips & Resources

  のバックナンバー・配信停止はこちら

<http://blog.mag2.com/m/log/0000235822/>

-----------------------------------------------------------------

Disclaimer:このメールマガジンによって第三者が受けた、いかなる損害につ

いても、Japan Language Solutionsは責任を負うものではあり

ません。内容を発行人の許可なく 転載、転用等することはご遠慮ください。