━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ◆アメリカ大学院留学へのロードマップ-tips & resources◆ 

                                     #9 2008.1.1.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-----------------------------------------------------------------

  ■ このメルマガのコンセプト

-----------------------------------------------------------------

 

あけましておめでとうございます!大学院留学のジャパンランゲージソリューションズ

<http://www.japanlanguagesolutions.com>代表の畑 麻衣子です。

 

お正月、いかがお過ごしでしょうか?08年留学組の方は、13月の締め切りに合わせ

て追い込みでお忙しいでしょうがあと少し、がんばりましょう!

 

今回のメルマガでは願書を提出してからのフォローアップの方法を取り上げました。

専攻紹介はジャーナリズム、大学院紹介はアリゾナ州立大です。

また、編集後記では、オンラインで気軽に楽しめる専攻選びサイトを紹介しました。

 

コメントや気になったことなど、フィードバックはmaiko@japanlanguagesolutions.com

 <mailto:フィードバックはmaiko@japanlanguagesolutions.com>でお待ちしております。

先月のメルマガで「メルマガの読者の方からメールを頂戴していない」と申しました。

まだ来ておりません(笑)ご要望、ご質問等ございましたらお気軽にご連絡ください。

 

-----------------------------------------------------------------

  ■ 構成

-----------------------------------------------------------------

 

  1. 留学準備Tip of the Month

     Tipを順に追っていくことで、大学院留学の基礎知識がつくよう

     紹介していきます。リクエストも大歓迎です。

 

  2. アメリカの大学院紹介

     1700以上あるアメリカの大学院の中からひとつ、特徴や地域、

     専攻などを紹介します。

 

  3. 専攻紹介

     人気の高い専攻を、履修科目や就職まで含めて紹介します。

 

  4. 編集後記

     専攻が決まっていない方、ぜひご覧下さい。

 

-----------------------------------------------------------------

  ■ 1. 留学準備Tip of the Month

-----------------------------------------------------------------

 

◇ 出願後のフォローアップ ◇

 

08年留学を目指している方、願書は提出されましたか?アメリカの大学院の多くは、願

書締め切りが12月もしくは1月になっています。もう出したよ!という方、お疲れ様で

した!面倒な作業が多く疲れてしまった方も多いと思います。さて、気になる合否通知で

すが、早くて2月ごろからになります。(私は秋には出していたので、1月中に合否の手

紙が着き始めました、10年前の話ですが…)これは、合格でも不合格でも来るはずです

ので、もし45月になってもまだ来ない場合は、学校へ直接問い合わせることが必要で

す。この際問い合わせるのは、願書を提出した学部の担当者が適当です。メールで名前、

希望の専攻、いつ願書を提出したか、などを簡潔にまとめて送りましょう。(英文メール

のサンプルはご希望があればサイトに掲示いたします、お知らせください)

 

そして、待ちに待った合格通知!来月のメルマガでは、合格後の手続きで必要なステップ

を紹介します。

 

-----------------------------------------------------------------

  ■ 2. 大学院紹介 

-----------------------------------------------------------------

 

Arizona State University (アリゾナ州立大学)

 

1.2万人の院生(大学課程はなんと5万人!)を抱える巨大な大学。US NEWS

ランキングでも多くの学部が50以内にランキングする、人気の高い大学です。1855

年創立の歴史を誇り、エンジニアリングやビジネス、看護、教育や科学、建築など、学べ

る専攻のチョイスも豊富。特にエンジニアリング関連で知られています。

 

夏には車のボンネットで卵が焼け、40度を越すこともあるアリゾナ。学費や生活費その

他を含めた予算は、1年で38,000ドル。学費だけでは1学期8,900ドルとなっ

ています。TOEFL条件はPBT550CBT213と一般的。TA(Teac

hing Assistant、授業を教えるヘルプをし、その代わりに授業料割引など

のを受ける)を希望する方は出願時にTSEやスピーキングのあるiBTを受け、スコア

を送ることが義務付けられています。アリゾナはカリフォルニアやNYなどの大きな街に

比べると生活費は安め。国立公園なども多数あり、退職者を多く惹きつけるアリゾナ。強

い太陽の下での留学生活もいいかもしれませんね。

 

-----------------------------------------------------------------

  ■ 3. 専攻紹介

-----------------------------------------------------------------

 

  Journalism (ジャーナリズム)

 

Journalism is the discipline of gathering, writing and reporting

news , and broadly it includes the process of editing and presenting

the news articles."Wikipediaで定義されているJournalism

アイディアやニュースの表現法だけではなく、倫理なども

考えるのが特徴です。ボストン大学やNY大学、マイアミ大学やサザンカリフォ

ルニア大学など、専攻できる大学院は100以上。たとえばCUNY(The City

 University of NY、クニと発音されます)ではまず1学期目にライテ

ィングをみっちり勉強し、2学期目にはプリントメディア(新聞・雑誌)、放送メディア

(ラジオ・TV)、インタラクティブなどのメインフォーカスを選びます。倫理、リサー

チ法、810週間にわたるインターンシップなどを経験し、ジャーナリストとしての将

来に備えます。ピュリッツァー賞に輝いた教授など、第一線で活躍する教授から直接学ぶ

実践的なコースは、大変ですが実りも多いはず。ただし、ジャーナリズムという「書く」

専攻なので、TOEFLなどの条件も厳しく、たとえばCUNYではCBT260iBT105

なっています。

 

-----------------------------------------------------------------

  ■ 4. 編集後記

-----------------------------------------------------------------

 

2009年留学を目指す方で志望専攻が決まってない方もいらっしゃると思います。そう

いった方にお勧めなのが、<https://webapp.asu.edu/eadv

isor/> です。アリゾナ大学のページなのですが、このページ真ん中のサーチボッ

クスに、将来つきたい職業や気になるキーワード(サイトではveterinarian

(獣医)drawing(絵を描く)が例として挙げられています)を入れると、関連

した専攻を挙げてくれる検索ツール。(ちなみにcatを検索するとちゃんとAnima

l psychology and behaviorが出てきましたが、dogでは出てきませんでした)

専攻の数が多いアリゾナ大学のこういったツールで、将来の夢と関

連した専攻を探してみるのも手ですね。また、結果にはUndergraduate(

)での専攻も出てきますので、注意が必要です。

 

こちらオレゴンでは相変わらず雨雨雨。よくこれだけ!というくらい降っています。負け

ずに散歩に行くのも、すっかり平気になりました。でもやっぱり、お正月は日本でコタツ

でみかん、TVと新聞でも見ながらボーっと過ごしたいです。よいお正月をお過ごしくだ

さい!

 

 

■■■大学院留学サポート■■■

エッセイ添削や推薦状・履歴書の代筆・添削サービスの当JLS。小さな会社ですが、

誠実さと仕上がりのクオリティの高さでは誰にも負けません!元大学講師たちが留

学生サポートやライティングのヘルプの経験を活かして丁寧に、納得のいくサービスを提

供しております。現在、願書の最終チェックだけのサポートや、駆け込み推薦状作成、

エッセイ添削も可能です。くわしくはwww.japanlanguagesolutions.com

<http://www.japanlanguagesolutions.com>でご覧ください。

 

-----------------------------------------------------------------

 

  ◇お忙しいところ最後までありがとうございました!◇

 

    発行責任者:ジャパン ランゲージ ソリューションズ代表 畑 麻衣子

    発行者サイト: http://www.japanlanguagesolutions.com

    メールアドレス:maiko@japanlanguagesolutions.com

    ご意見・ご感想などお寄せいただけると嬉しいです、お待ちしてます

    登録・解除はhttp://www.mag2.com/ マガジンID: 0000235822

      JLSから直接購読されている方はmaiko@japanlanguagesolutions.com
   ご連絡ください。)

    お知り合いの方にこのメルマガをお勧めいただければ幸いです。   

 

-----------------------------------------------------------------

 

◎アメリカ大学院留学へのロードマップ-Tips & Resources

  のバックナンバー・配信停止はこちら

<http://blog.mag2.com/m/log/0000235822/>

-----------------------------------------------------------------

Disclaimer:このメールマガジンによって第三者が受けた、いかなる損害につ

いても、Japan Language Solutionsは責任を負うものではあり

ません。内容を発行人の許可なく 転載、転用等することはご遠慮ください。