━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ◆アメリカ大学院留学へのロードマップ-tips & resources◆ 

                                      #5 2007.10.1.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-----------------------------------------------------------------

  ■ このメルマガのコンセプト

-----------------------------------------------------------------

 

アメリカ大学院留学は、無理なことでも、とんでもないことでもありません。

発行者自身の大学院留学体験や、大学講師やアメリカでの留学生のサポートを

通して学んだTipsResourcesを紹介します。お役に立てたら幸いです。

 

-----------------------------------------------------------------

 

こんにちは、留学コンサルティングのジャパンランゲージソリューションズ

<http://www.japanlanguagesolutions.com/defaultJ.htm>

オーナーのマイコと申します。ご購読ありがとうございます。

毎号がんばって配信していますので、今後ともよろしくお願い致します。

フィードバックはmaiko@japanlanguagesolutions.comまでどうぞ!

 

-----------------------------------------------------------------

  ■ 構成

-----------------------------------------------------------------

 

■■■留学無料メール相談のお知らせがあります、編集後記へどうぞ■■■

 

  1. 留学準備Tip of the Month

     Tipを順に追っていくことで、大学院留学の準備が整っていくよう

     紹介していくのが目標です。

 

  2. 試験対策Tip of the Month

     押さえておきたい知識、気をつけるべきポイントなどを紹介します。

 

  3. アメリカの大学院紹介

     1700以上あるアメリカの大学院の中からひとつ、特徴や地域、

     専攻などを紹介します。

 

  4. 専攻紹介

     人気の高い専攻を、履修科目や就職まで含めて紹介します。

 

  5. 編集後記

 

-----------------------------------------------------------------

  ■ 1. 留学準備Tip of the Month

-----------------------------------------------------------------

 

◇ 推薦状基礎知識2:推薦状は誰が書く? ◇

 

大学や大学院留学に必ず必要となる推薦状。前回は、誰にお願いするのがよいかについて

お話しました。今回は、もう一歩進んで「誰が書くのか」について考えてみましょう。「

お願いする人」と「書く人」が一致するのがもちろん理想なのですが、そうは言っても日

本の会社でお世話になった上司や、英語を日常使われない教授など「英語なんて書けませ

ん」と言われてしまうことも。そういった際のオプションとしては(1)自分で書いて、

サインをもらう(2)日本語で書いてもらって自分で訳す、もしくは誰かに訳してもらう、

があります。自分で書く際に難しいのが「褒めちぎる」こと。ガンガンほめてしまって大

丈夫です。そして自分で訳すと決めても、どうしてもエッセイや他の書類と英語が似てし

まう、という難点があります。思い切って、訳だけはプロに頼むのも一考です。(宣伝:

当ジャパン・ランゲージ・ソリューションズでもサポート可能、1112月から募集い

たします、宣伝失礼いたしました!)

 

次回はいちばん大切な推薦状の中身について、お話しします。

 

-----------------------------------------------------------------

  ■ 2. 試験対策Tip of the Month

-----------------------------------------------------------------

 

◇ ボキャブラリ倍増計画3

 

前々回のメルマガでご紹介した、語源や接頭辞、語尾を使用して一気に理解できる語数を

増やす方法。ラテン語を基とする語源や接頭辞を学ぶことで、知らない語でも理解できて

しまうので、とても役立ちます。

 

◆ 今月の語源 ◆

 

-jud-」判断する judge, judicial, judicious 

-vis-」見る vision, visibility, visionary

◆ 今月の接頭辞 ◆

今月は「場所・時間」をテーマにしてみました。

pre-」~の前 precedeprehistoricprepare

post-」~の後 postwarpostmodernism

over-」~の上 overcastoverdue

ex-」~の外 exludeexportexpose

 

-----------------------------------------------------------------

  ■ 3. 大学院紹介 

-----------------------------------------------------------------

 

Temple University

 

日本に分校があるTemple Universityは、ペンシルバニア州フィラデル

フィアの学校。フィラデルフィアは映画「ロッキー」でロッキーが登っている階段や、ト

ムハンクスとデンゼルワシントン共演の映画「フィラデルフィア」などでもおなじみかも

(古いですか…?)。学士号プログラムが125、修士113、博士52、全米でも26

番目の規模というマンモス校。1884年創立で歴史も長いこの学校の留学生は、学部で

2.9%、修士・博士・教授では7.5%と少な目。医学部や薬学部もあり、リサーチも

盛んです。修士プログラムが125もあるので、マイナーな専攻を希望する方などにもお

勧めです。

 

-----------------------------------------------------------------

  ■ 4. 専攻紹介

-----------------------------------------------------------------

 

Tourism and Hospitality (旅行・観光・ホスピタリティ学)

 

日本で変わらず人気のあるのが、ホテル関連や旅行関連などのホスピタリティ業界。専門

に学べる大学院も増えつつあります。カリフォルニア、シリコンバレーのあるサンノゼの

San Jose State University、フロリダ州Universit

y of Central Florida

ハリケーンカトリナの影響から観光客が減っ

てしまったルイジアナ州University of New Orleansなど、多

くの学校で専攻可能です。上記Temple Universityのプログラムでは、

マネージメント、IT、カスタマーサービス、法律面、資金調達法、マーケティングやリ

サーチ法を学びます。フルタイムなら1年で修了することも可能で、インターンシップに

も重点が置かれています。修士を修了した学生の90%が、関連業種に就職している、と

いう高い就職率も魅力です。美術館や音楽、プロスポーツも盛んなフィラデルフィアで過

ごす濃い1年、いかがですか?

 

-----------------------------------------------------------------

  ■ 5. 編集後記

-----------------------------------------------------------------

 

■■■留学無料メール相談のお知らせ■■■

 

留学コンサルティングのジャパン・ランゲージ・ソリューションズ

<http://www.japanlanguagesolutions.com/defaultJ.htm>では

先着15名様に限り、留学や英語に関する無料メール相談を開催中!

アドバイスがほしい、専攻に関する質問、英語に関するナゾなど何でも

かまいません、<maiko@japanlanguagesolutions.com> までお願いいたします。

いただいた質問と答えはまとめて、10月下旬にサイトにアップする予定

です。いただいた質問には必ずお返事いたします。お早めにどうぞ!

 

さてこちらオレゴンは、スイッチを切ったように夏が終わりました。

暑がりワンコ(日本でレスキューされた柴犬雑種)も散歩が楽しそうです。

大阪(出身地です)はまだまだ暑いようですが、皆様お元気ですか?

 

-----------------------------------------------------------------

 

  ◇最後までおつきあいありがとうございました◇

 

    発行責任者:留学コンサルタント マイコ

    発行者サイト: http://www.japanlanguagesolutions.com

    メールアドレス:maiko@japanlanguagesolutions.com

    ご意見・ご感想などお寄せいただけると嬉しいです、お待ちしてま

    登録・解除はhttp://www.mag2.com/ マガジンID: 0000235822

    お知り合いの方にこのメルマガをお勧めいただければ幸いです。   

 

-----------------------------------------------------------------

 

◎アメリカ大学院留学へのロードマップ-Tips & Resources

  のバックナンバー・配信停止はこちら

<http://blog.mag2.com/m/log/0000235822/>

-----------------------------------------------------------------

Disclaimer:このメールマガジンによって第三者が受けた、いかなる損害につ

いても、Japan Language Solutionsは責任を負うものではあり

ません。内容を発行人の許可なく 転載、転用等することはご遠慮ください。