━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◆アメリカ大学院留学へのロードマップ-tips & resources◆ 
 
                                          #1 2007.5.31
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-----------------------------------------------------------------
  ■ このメルマガのコンセプト
-----------------------------------------------------------------

 

アメリカ大学院留学は、無理なことでも、とんでもないことでもありません。

発行者自身のアメリカ大学院留学体験や、留学生のサポートを通して学んだ

TipsとResourcesを紹介します。お役に立てたら幸いです。

 

-----------------------------------------------------------------
 
こんにちは、発行者の留学コンサルタント、マイコと申します。ご購読ありがとう
ございます。毎号がんばって配信していますので、今後ともよろしくお願い致します。
フィードバックはmaiko@japanlanguagesolutions.comまでお願いいたします。
 
-----------------------------------------------------------------
  ■ 構成
-----------------------------------------------------------------
 
  1. 留学準備Tip of the Month
     Tipを順に追っていくことで、大学院留学の準備が整っていくよう
     紹介していくのが目標です。
 
  2. 試験対策Tip of the Month
     押さえておきたい知識、気をつけるべきポイントなどを紹介します。
 
  3. アメリカの大学院紹介
     1700以上あるアメリカの大学院の中からひとつ、特徴や地域、
     専攻などを紹介します。
 
  4. 専攻紹介
     人気の高い専攻を、履修科目や就職まで含めて紹介します。
 
  5. 編集後記
 
 
-----------------------------------------------------------------
  ■ 1. 留学準備Tip of the Month
-----------------------------------------------------------------


学士留学?大学院留学?


日本からの大学院留学生は、増えたとはいえ全体の約2割。学士留学(大学課程に編入・入学し、学士を取得することを目指す)に比べ、大学院は敷居も高めに感じられます。本当にそうなのでしょうか?確かにTOEFLRequirementは高めになり、またGRE(下記を参考してください)が要求されることも多くあります。でも、長い目で見た際に、学士を日本で取得した上に、アメリカでも、となると、もったいないケースが圧倒的多数です。同じ時間・お金を使って勉強するのなら、今持っている学士という資格にプラスできる、専門性の高い修士を目指してみてはいかがでしょうか?就職の際にも必ず役に立つはずです。

 

-----------------------------------------------------------------
  ■ 2. 試験対策Tip of the Month
-----------------------------------------------------------------


GREの基礎知識 1

GREとは、Graduate Record Examinationの略で、アメリカの大学院への進学を希望する学生が受けるテスト。英語力を診断するTOEFLと違い、GREはネイティブの学生も対象にしたテストなので、勉強するにも英語スキルだけでなく、内容を理解し解答に導くスキルが要求されます。大学院での学習適性に焦点をあてたGeneral Test(数学的&論理的問題)と、専門知識を見るSubject Test(生化学、コンピュータサイエンス、心理学など8分野)という2タイプがあります。アメリカの大学院プログラムの半数以上が要求するGeneral Testとは、どのようなテストなのでしょうか。次号で紹介します。

 

-----------------------------------------------------------------
  ■ 3. 大学院紹介
-----------------------------------------------------------------

 

Monterey Institute of International Studies

 

第一回は発行者母校、Monterey Institute of International Studiesを紹介します。カリフォルニア州北部、サンフランシスコから南に2時間のモントレーに位置する通称MIIS(ミース)は、大学院のみの小さなプライベートスクールで、Translation & Interpretation(翻訳通訳)、TESOL(英語教授法)、IPS(国際政策学)、そしてMBAが専攻できます。MIISの特徴のひとつに、院生は全員第2言語を習得しなければいけない、というものがあります。これは、国際的に活躍できる人材育成を目指してのこと。モントレーにはDefence Language Instituteというアメリカ軍の言語訓練施設もあり、Language Capitalというニックネームも。オットセイの声で目が覚めるような抜群の環境と、教授との距離も近いサイズとあいまって、魅力的な学校になっています。その代わり高いのが学費。フォールとスプリングターム、諸経費合わせて$42,070。これには生活費は含まれていません。

 

-----------------------------------------------------------------
  ■ 4. 専攻紹介
-----------------------------------------------------------------

 

TESOL (Teaching English to Speakers of Other Languages)

 

第一回は、発行者が専攻したTESOLを紹介します。第二言語としての英語教育(ESL)本場のアメリカで学びたい、ということでTESOLは日本からの留学生にも人気の専攻です。University of Hawaii at ManoaColumbia University Teachers Collegeなどが、TESOL界でもアクティブな教授たちを抱え、人気です。1年半~2年のプログラムが主流で、English GrammarStructure(英語文法・構成)Phonology(音韻学)などの座学と、Practicum(教育実習)などの現場での経験を組み合わせたプログラムが多く見られます。英語教師になるためのコースということで、TOEFLはきっちりと要求されます。たとえばColumbia Universityでは、IBT102、ペーパーで600CBT250になっています。修了後は、日本に帰国し高校や大学で教師・講師になる方や、またアメリカに残りノンネイティブのESL講師としてがんばる方もいらっしゃいます。

 

-----------------------------------------------------------------
  ■ 5. 編集後記
-----------------------------------------------------------------

 

メールマガジン第1号、いかがでしたでしょうか? 最後まで読んでくださってありがとうございました!アメリカ大学院留学に関して知りたいこと、気になる情報などがございましたら、ぜひメールお寄せください。米国オレゴンより、時差攻撃でお返事いたします。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

-----------------------------------------------------------------
 
  ◇最後までおつきあいありがとうございました◇
 
    発行責任者:留学コンサルタント マイコ
    発行者サイト: http://www.japanlanguagesolutions.com
    メールアドレス:maiko@japanlanguagesolutions.com
    ご意見・ご感想などお寄せいただけると嬉しいです、お待ちしてます
    登録・解除はhttp://www.mag2.com/ マガジンID: 0000235822 

    お知り合いの方にこのメルマガをお勧めいただければ幸いです。   
 
-----------------------------------------------------------------
 
◎アメリカ大学院留学へのロードマップ-Tips & Resources
  のバックナンバー・配信停止はこちら
 http://blog.mag2.com/m/log/0000235822/
-----------------------------------------------------------------

Disclaimer:このメールマガジンによって第三者が受けた、いかなる損害についても、Japan Language Solutionsは責任を負うものではありません。内容を発行人の許可なく 転載、転用等することはご遠慮ください。